いいものかおうよ

  • カート
  • カート
  • ログイン
  • 新規会員登録

PHILOSとは?

英語力が”劇的”に伸びる!日本人に最適な学習法の実践校です

 

PHILOSでは、これまでに3,000人以上の会員さんに、わずか3カ月で英語が伸びた!」と、実感が得られる独自の学習法を広めてきました。

 

英語ができて”楽しい”と感じる瞬間、英語が聞けた、伝わった、点数が上がった…を大切に。

 

日本人に最適の英語学習法で、会員の皆さんの「喜び」と「未来」づくりに貢献します。

 

PHILOSニュース英語

代表講師 渡邉あをい

代表講師ご挨拶はこちらから

 

 

 

PHILOSの4つの特徴…

 

❶茅ヶ崎方式英語を採用

もう学習教材に悩む必要はありません

 

聴けない英語は話せない!をモットーに、リスニングを徹底して鍛える茅ヶ崎方式は、30年以上にわたり教育界や学習者から高い評価を得続けています。現在も全国に130ある協力校(PHILOSもそのひとつ)で数千人が学んでいます。

茅ヶ崎方式の「肝」は、元NHKラジオの記者が書き下ろす英語ニュースをネイティブのアナウンサーが読むニュース型教材=LCT。この最高品質のリスニング教材に加えて、ワードテスト・テキスト教材が週に1本提供され、これらをこなしていくだけで英語力が劇的にアップするよう設計されています。

茅ヶ崎方式に出会われたあなた。もう、教材選びや学習法探しに無駄な時間を使う必要はありません。

 

もっと知りたい!茅ヶ崎方式のこと

英語力にあったスピードと単語で作られた教材で、リスニング力・語彙力がアップ!

茅ヶ崎方式を支えるのが、ニュース型教材=LCTです。学習者の英語力に合わせ、スピードと使用する単語や語彙に留意して独自に開発しています。だから、LCTをしっかり聞くだけで、リスニング力や語彙力が着実にアップします。

  • 初級 ⇒ スロースピード・茅ヶ崎1,000語から選択
  • 中級 ⇒ ノーマルスピード・茅ヶ崎2,000語から選択
  • 上級 ⇒ ノーマルスピード・茅ヶ崎4,000語から選択

 

 

もっと知りたい!茅ヶ崎方式のこと

身近なニュースが題材なので、興味がわき、学習意欲がアップ!

聞いたことがある!知っている!そんな身近なニュースが題材ですので親近感があり、学習意欲も高まります。テーマも毎週変わるので変化があって意欲が継続します。

 

もっと知りたい!茅ヶ崎方式のこと

ニュース教材は年間40本。ほどよいブレイクタイムで継続学習が可能に!

LCTを週1本のペースで学習するのが原則です。年40本の内訳は春期・夏期・秋期・冬期の各期に10本です。実際は年間50数週ですので、10週ほどはブレイクタイムがあります。英語学習から少し離れて旅行などリフレッシュタイムを楽しめるよう設計されています。これも学習を継続するための大切な仕組みです。

茅ヶ崎方式の詳細はこちらから

 

❷週1のクラスで教材研究

クラス以外でのデスクワークは不要です

 

LCTに合わせ、クラスに週1回参加して学習するのが原則です。クラスでは、LCTのリスニングから語彙や文法の解説、サイトトランスレーション、オーバーラッピング(上級はシャドウイング)を行います。クラスでのデスクワークで理解を深めることで、クラス以外の時間にデスクワークをする必要がありません。

オーバーラッピングとは、英語の音声を聞きながら、その音声の英文を目で追い、英語の音声に合わせて=マネて発声する練習方法です。英語の音声に自分の声をオーバーラップ(overlap)させるわけです。オーバーラッピングは、リスニング(聴く)・リーディング(読む)・スピーキング(話す)という3要素が一体となった、英語の自力アップに直結する効果的な学習法です。

 

PHILOSならではのサービス

オリジナル教材の提供

LCTの関連記事からなるPHILOS独自のテキストを用意しています。単語の解説や類似する単語の紹介、LCTとは異なる表現方法などを学ぶことができます。

 

PHILOSならではのサービス

レギュラークラス&担当講師制

会員はレギュラークラスを1つ決めて、担当講師の指導のもと、同じレベルの3-8名の仲間とともに学習を進めます。予約などの面倒な手続きは必要ありません。

講師紹介ページはこちらから

 

PHILOSならではのサービス

充実の振替制度

レギュラークラスに参加できない場合は、同じレベルの他のクラスに振替参加が可能です。各レベルとも2-3クラスを用意していますので、ご都合に合わせて振替してください。

 

❸復習はオーバーラッピング

骨伝導のチカラで脳に英語を強烈に刻み込む

 

クラス後の復習に力を入れています。その中心は「オーバーラッピング」。LCTを聞きながら、テキストの英文を目で追いながら、発音はもちろんのこと、抑揚や間合い、強弱までLCTに合わせて声に出してください。これを1日少なくとも5回、1週間で30回以上繰り返します。スキマ時間を有効活用してください。聴くチカラ、読むチカラ、話すチカラが劇的に高まります

また、自分自身の声は鼓膜だけでなく、骨の振動を通して脳に伝わります。その威力は強烈です。さらにオーバーラッピングの際にヘッドホンをつけたり、イヤホンをすると効果的です。

 

PHILOSならではのサービス

LCTをメール配信

クラスで使用したLCT、ワードテストの音声教材、さらにテキスト教材も併せて、復習用として毎週水曜日にメール配信しています。

 

❹講師全員が「茅ヶ崎方式」出身者

講師自身が茅ヶ崎で英語力を高めてきた実践者です

 

今のあなたは、しばらく前の講師自身です。講師全員がそれを知っています。だから、安心してお任せください。

もし、「私も講師になりたい」という方は、ぜひ立候補をしてみてください。

講師紹介ページはこちらから

 

さあ、PHILOSで英語力を高めあいましょう!