いいものかおうよ

  • カート
  • カート
  • ログイン
  • 新規会員登録

【合格体験記】1級合格のS.Kさん

英検1級合格を今年の目標に掲げられ、見事、合格されたS.Kさんの合格体験記です。

学習時間とその内容

2018年度第1回英検1級試験に何とか合格した50代中年男の試験勉強が役にたつかどうか分かりませんが少しでも参考になればと思い体験記を書きました。

英検1級受験を決めたのは、今年1月1日で、数年ぶりに英検を受けてみようと決心し、1月9日から受験に向けての勉強を開始しました。

勉強は、以下のとおり、40代後半になってから始めた茅ヶ崎英語の学習に英検の傾向と対策を同時並行的に実施していこうと決めました。

1 茅ヶ崎英語(約8年の学習歴、出勤前の早朝に実施)

(1)毎週1回参加しているC-3クラスの復習・予習(毎日約40分)

(2)教本ⅢとⅣのCDを各20分程度聞いて書いて覚える(毎日約40分)

茅ヶ崎英語は、私の英語の基礎を付与するもの。茅ヶ崎英語の学習開始以降、教本ⅢとⅣは10回以上繰り返し学習しています。

2 英検1次試験の傾向と対策(2018年1月~6月、昼休み及び夕方以降に実施)

(1)単語・熟語対策:でる順パス単書き覚えノート(毎日1時間)

(2)リスニング・読解・作文対策:過去6回全問題集(毎日2時間)

でる順パス単書き覚えノートは3回、過去6回全問題集は2回繰り返し学習しました。

 

1次試験の結果と2次試験対策

1次試験の結果は、読解(語彙を含む)とリスニングは1次試験合格者の平均点を上回っていましたが、作文が平均点をかなり下回っていました。作文と2次試験の面接は相関が高いといわれているので、2次試験の面接に不安を感じました。

そこで、渡邉あをい先生に1次試験合格の報告と2次試験に対策について指導していただこうと思いメールでお願いしたところ、2次試験に出題されそうなトピックを提示して頂くとともに、C-3教室終了後に3回面接の模擬試験をしていただき、面接試験に臨む自分の準備不足を認識することができました。

2次試験用の教材としては「英検1級面接大特訓」を購入し、2次試験までの約10日間で5回繰り返し、トピック20個の作成と使える表現約40個を暗記しました。2次試験の面接では、850点満点中602点(約70%)以上獲得すれば合格になります。採点項目には発音も入っていますが、今更この短期間で向上することはありえないので、日本人英語でいいから伝わる表現で面接を受けようと思い、本番に臨みました。

 

2次試験では苦戦するも…

本番の面接では、緊張のせいで選択したトッピクの説明は、自分の意見を十分に伝えられず、その後の質問と応答は、できるだけ暗記した表現を使おうと焦るあまり、文法が成立しなくなる等、満足な出来ではありませんでしたが、面接の約10分間、一度も沈黙することなく、終了することができました。結果はぎりぎり602点での合格でした。

 

英検1級を目指す皆さんへ

今回こうして英検1級を合格することができたのは、茅ヶ崎英語の学習で培った英語の基礎力と最後まであきらめないで英検の傾向と対策を粘り強くやり通したおかげだと思っています。

これから英検1級合格を目指して受験される方は、大多数が、私より20歳から30歳以上若い方がほとんどだと思います。私ももっと若いころに茅ヶ崎英語と出会い英検1級に本気で取り組んで合格を目指せばよかったと内心思っています。茅ヶ崎英語を継続して学習し、英語の基礎力を身につけ、英検の傾向と対策をおさえれば英検1級は合格できると確信しています。私自身も今回の英検受験準備を始めてから2次試験終了までの約7ヶ月は辛かったが、充実した日々でした。(合格したからそう思えるかもしれません。)

私の英語学習が英検1級合格で終わったわけではありません。引き続き茅ヶ崎英語を主軸に更なる英語のスキルを高めていく努力をしていきたいと思います。私の体験記が少しでも役にたてていただければと願っております。

皆様の健闘を祈念します。

Live as if you were to die tomorrow.  Learn as if you were to live forever.

(明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。)

 

 

 

 

 

 

<   |   >