いいものかおうよ

  • カート
  • カート
  • ログイン
  • 新規会員登録

会員規約

第1条(規約の適用)
1.PHILOS会員規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ゼロン(以下、「当社」といいます)が運営するPHILOSニュース英語の会員(以下「会員」といいます)に対して適用されます。

2.本規約の内容は、会員への事前の通知なしに必要に応じて変更することがありますので、会員は常に最新の本規約をご確認下さい。

3.当社が前項に基づき本規約の内容変更を行った後、会員が当社の提供するサービス(以下、「対象サービス」といいます)を利用した場合、本規約の変更を承諾したものとします。

4.当社が本サービス上に掲載する諸注意等(以下「諸注意等」といいます)が存在する場合、諸注意等は本規約の一部を構成するものとします。

第2条(会員)
1.会員とは、当社により入会の承認を受け、所定の入会手続きを行い、会員登録された者をいいます。

2.入会費用一式を納付した時点で、本規約の内容に同意したものとみなされます。不承諾の意思表示は、入会費用一式を納付しないことをもってのみ認められるものとします。

3.入会手続きに際して、以下の条件をお守り下さい。
① 入会費用一式(入会金10,800円<税込>、事務手数料2,160円<税込>、会費の合計額)を納付してください。尚、入会金と事務手数料はいかなる理由があっても返金できません。
② 会員登録フォームに、会員自身に関する真実かつ正確なデータを入力して下さい。
③ 登録メールアドレスは、会員ご自身のメールアドレスをご登録下さい。当社では、グーグル社のGMAILでの登録を推奨しています。

4.  会員資格の維持には会費の納付が必要です。会費は自動更新となっています。

第2条の2(休会と準会員) 
1.   会員は休会届の提出により期間の定めなく休会することができます。休会届の提出期限は、休会を希望する月の前々月末日です。

2.  休会期間中は準会員となり、会費が不要となる一方、対象サービスの一部が利用できなくなります。

3.  休会により納付済みの会費から未消化分が発生する場合、原則、預り金となります。返金を希望する場合、手数料324円<税込>が必要となります。

4.   準会員は、事務手数料2,160円<税込>と会費を納入することで会員に復帰できます。

第2条の3(退会) 
1.  休会後、1年を超えて対象サービスの利用がない時点で自動退会となります。

2.  退会後の復帰については新規入会と同じ扱いとなります。

3.  休会届の提出がなく、次期会費の納付もない期間が2ヵ月経過した段階で強制退会となります。この場合、2か月分の会費が未払い金となります。復帰を希望する場合は、入会費用一式に加え未払い金の支払いが必要となります。

第2条の4(対象サービスの制限・資格の剥奪等) 
当社は、会員が本規約または対象サービスの利用時に提示されるサービスごとの利用規約や諸注意等(総称して、以下「サービス利用規約」といいます)に違反すると当社が判断する場合またはそのおそれがあると当社が判断する場合、会員への事前通知を行うことなく当該会員への対象サービスの全部または一部の利用停止・終了、会員資格の剥奪、ならびに損害賠償請求等の必要な対応(法的措置を含みますが、これに限りません)を行うことがあります。なお、当該対応の結果、会員に損害や不利益が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第3条(会員の禁止事項)
会員は、対象サービスを利用するにあたり以下の行為または以下に該当するおそれがあると当社が判断する行為を行わないものとします。

①他の会員又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
②他の会員又は第三者に対する誹謗中傷、迷惑となる行為、不快感を抱かせる行為
③当社のサーバー等のコンピュータに不正にアクセスしたり、有害なコンピュータプログラム、有害なメール等を送信または書き込む行為
④対象サービスを通じて入手した情報を、複製、販売出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
⑤対象サービスの運営を妨げ、あるいは当社または提携先の信頼を毀損するような行為
⓺他の会員に対し営業活動、営利を目的とした情報提供活動を行う行為
⑦その他、法律、法令、公序良俗または本規約に違反する行為または違反のおそれのある行為

第4条(当会・会員の責任)
1.当社は、会員の対象サービスの利用(本項各号を含みますが、これに限りません)または利用不能により生じる一切の損害(会員もしくは第三者に生じた精神的苦痛、またはその他の金銭的損失を含む不利益を含みますが、これに限りません)に関して当社に故意・重過失がない限り一切の責任を負わないものとします。また、当社が責任を負う場合であっても、当社の責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。
①対象サービスを介して行う、第三者が提供するコンテンツのダウンロード、および、第三者が管理・運営するリンクサイトへのアクセス等の行為により、会員に生じた損害
②当社が相当の安全策を講じたにもかかわらず、対象サービスの無断改変、対象サービスに関するデータへの不正アクセス、コンピュータウィルスの混入等の不正行為が行われ、これに起因して会員に生じた損害
③通信回線や、コンピュータ等の障害によるシステムまたはサービスの中断、遅滞、中止、データ消失、不正アクセスにより生じた損害

2.当社は、会員が対象サービスを利用した場合に会員と本ポイント付与対象取引サービス提供企業や本ポイント利用先企業、その他の第三者との間に生じたトラブルについて、当社に故意・重過失がない限り一切責任を負わないものとし、会員は自己の費用と責任で当該トラブルを解決するものとします。

3.会員の本規約またはサービス利用規約に違反する行為によって、当社または第三者が損害を被った場合、当該会員は、自己の責任と費用をもって、当該損害の一切を賠償しなければなりません。

第5条(PHILOSポイントサービス)
1.当社は、対象サービスのうち当社が指定するサービスにおいて、当社所定の方法に従った利用行為(以下「ポイント付与対象取引」といいます)を行った会員に対し当社所定の条件(以下「ポイント付与条件」といいます)に従い当社独自のポイント(以下「PHILOSポイント」といいます)を発行し、会員がPHILOSポイントを本サービスのうち当社が指定するサービスにおける当社所定の利用行為(以下「ポイント利用対象取引」といいます)を行うにあたり、当社所定の方法(以下「ポイント利用条件」といいます)に従い利用できるポイントサービス(以下「PHILOSポイントサービス」といいます)を運営するものとします。

2.ポイントの種類、ポイント付与対象取引、ポイント付与条件、ポイント利用対象取引、ポイント利用条件等のPHILOSポイントサービスの内容(総称して、以下「ポイント条件」といいます)は、当社が自己の判断で定めるものとします。

3.前項にかかわらず、当社はPHILOSポイントを発行する場合があるものとし、この場合、PHILOSポイントの発行時にポイント条件を明示するものとします。なお、当社指定のページに記載される内容と会員に対し発行時に明示するポイント条件が異なる場合には、会員に対し発行時に明示するポイント条件が優先するものとします。

第5条の2(PHILOSポイントの付与)
1.当社は、ポイント付与対象取引を行った会員に対し、ポイント付与条件に従いPHILOSポイントを付与するものとします。

2.会員は、前項に基づき付与されたPHILOSポイント数に疑義のある場合、当社に直接問い合わせるものとします。当社は、自己の故意や過失により会員に付与するPHILOSポイント数を誤った場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

3.本条第1項および前条第3項に従い当社が会員に対しPHILOSポイントを付与した後でも、会員の本規約違反やその他、当社がPHILOSポイントを付与することが不適切であると判断する事情が判明した場合、またはポイント付与対象取引が変更された場合等には、当社は会員に対して付与済みのPHILOSポイントの全部または一部を取消すことができるものとします。

4.当会が前項に基づき、PHILOSポイントの取消を行おうとする際に、会員がすでに取消の対象となるPHILOSポイントを利用している等の理由により取消可能なPHILOSポイントが存在しない場合または不足する場合、当社は会員に対し、前項に基づき取消対象となるPHILOSポイントのうち取消を行うことができなかったPHILOSポイント相当額(1ポイント=1円で換算するものとします)の金銭を請求することができるものとします。

第5条の3(PHILOSポイントの利用)
1.会員は、自己が保有するPHILOSポイントを、ポイント利用条件に従いポイント利用対象取引の全部または一部の支払いに利用できるものとします。(会員が保有するPHILOSポイントを利用した企業や店舗等を以下「本ポイント利用先企業」といいます)

2.会員が、前項に基づきPHILOSポイントの利用申請を当会に対して行った後に、当該利用が取り消された場合、もしくはポイント利用時に支払いに利用するPHILOSポイント数が減少した場合等には、当社の判断により当社または本ポイント利用先企業より、PHILOSポイントまたは金品で、ポイントの返還ができなかったPHILOSポイント相当額を返還するものとします。

3.会員が自己の保有するPHILOSポイントをポイント利用対象取引の全部または一部の支払いに利用することを申請した後に、当該会員が利用申請したPHILOSポイントが取消の対象であることが判明した場合、当社は当該支払の対象となる取引を取消または保留することがあります。その場合、会員はその後の対応について当社の指示に従うものとします。

4.会員は、会費の納付にPHILOSポイントを使用することはできません。

5.  会員は、PHILOSポイントを第三者に譲渡・相続できず、また金品に交換することもできません。

第5条の4(PHILOSポイントの消滅)
退会によってPHILOSポイントはすべて消滅します。

第6条(個人情報の取扱い)
1.当社は、会員のプライバシーを尊重し、会員の皆様の個人情報の管理に細心の注意を払います。対象サービスの管理・運営に当たって、当社が会員から取得した個人情報は、別途定める「プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとします。

2.当社は、会員が退会したとしても、会員が別途当社の定める手続きにより会員情報抹消手続きを行わない限り、会員の個人情報を保有し利用し続けることができるものとし、会員は、これを予め同意するものとします。

第7条(属性情報・行動履歴の取得および利用)
1.当社は、会員により対象サービスの利用を通じて提供された年齢や性別、職業、居住地域等の属性情報および対象サービスにおける会員の行動履歴を取得し、対象サービスの提供に必要な範囲で利用すること、および本契約の有効期間にかかわらず当該属性情報・当該行動履歴に基づき作成された統計データについて、何らの制限なく利用することができることに、会員は予め承諾します。なお、当会は、法律上の根拠に基づき要求された場合を除き、会員個人を特定できる情報を第三者に開示しないものとします。

2.当社は、対象サービスを利用した場合、個人を特定したうえで、これまでに取得した属性情報および行動履歴(本規約への同意の前に取得された情報であると後に取得された情報であるとを問いません)を用いて、広告等の配信・表示および本サービスの提供を行うことができるものとし、会員はこれを予め承諾します。

第8条(対象サービスの変更・中断・終了)
1.当社は、会員に事前に通知することなく、対象サービスの全部または一部を変更、中断、終了することができるものとします。ただし、当社が対象サービスの全部を終了する場合には、会員に対し、終了日の1ヶ月前までに当社の定める方法で通知するものとします。

2.対象サービスの全部または一部の変更・中断・終了に伴い、会員に不利益や損害が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。

3.当会が、対象サービスのうち、PHILOSポイントサービスの全部を終了する場合、当該終了日よりPHILOSポイントの発行を終了するものとします。ただし、当該終了日以降も、会員は当社の定める条件に従い、PHILOSポイントを利用することができるものとします。

第9条(反社会的勢力の排除)
会員は、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。かかる表明に違反した場合には、異議なく会員資格および対象サービスの停止、または契約解除を受け入れるものとします。

第10条(権利義務の譲渡禁止)
会員は、対象サービスに関する会員としての地位および当該地位に基づく権利義務を、当社が予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。

第11条(準拠法および管轄)
本規約は日本法に基づいて解釈され、本規約に関する紛争の第一審の専属的合意管轄裁判所は、大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所とします。

附則
2015年10月01日 制定・施行

2016年1月1日改訂

2016年1月22日改訂

2016年5月1日改訂

2017年4月25日改訂

2017年8月1日改訂

2018年6月1日改定